人気ブログランキング |

伊瀬愛のSTYLE blog



〜経営者、アラフィフ、交際0日婚、往来生活の仰天人生〜
by aisan

伊瀬愛 Facebook
i-Trinityサイト
カテゴリ
タグ
最新の記事
ノートルダム大聖堂はパリジャ..
at 2019-04-16 12:00
酵素玄米ごはんと発酵食のある..
at 2019-04-10 09:25
裏アパルトマン物語。
at 2019-04-05 00:00
平成最後の4月1日。
at 2019-04-01 13:00
硬水 de ダイエット
at 2019-03-31 13:00
裏リール物語。
at 2019-03-28 21:26
#海外生活 #2週間以上 ..
at 2019-03-27 18:00
モンマルトルの丘へ
at 2019-03-21 20:59
身体の声に忠実に。
at 2019-03-20 23:25
座器のシワに関するご連絡
at 2019-03-20 18:16
以前の記事
画像一覧
最新のコメント
> 佐藤絹美さん 絹美..
by itrinity at 15:46
初めてブログを見ました!..
by 佐藤絹美 at 08:55
初めてブログを見ました!..
by 佐藤絹美 at 08:55
> Rikakoさん ..
by itrinity at 07:41
記事ランキング
ブログジャンル
タグ:旅行 ( 33 ) タグの人気記事  
ノートルダム大聖堂はパリジャンの祈りの場  
2019年4月16日
パリ ノートルダム大聖堂が火災に遭い、尖塔部分が焼け落ちました。一週間前に訪れていた私にはあまりにもショックです。
あの素晴らしい建造物をもっと多くの方に観て欲しかった。せめて写真でも残せたら、と、
blogの内容を追加しました。
今回の不幸は、デモに対するメッセージのように、私には感じられてなりません。
パリの幸せと1日も早い再構築を祈ります


以下。


今回のパリ滞在の1つは、
パリジャンの日常に触れる
でした。

パリは日曜日に店の大半が閉まります。
コンビニも、
閉まったりします。
日本ではありえないですが、
稼ぎ時でも休みにして、
家族と共に日曜ミサに出かけます。
素晴らしい習慣だと思います110.png

そして、私も
ノートルダム大聖堂のミサに出かけたいと
企画しました。

ノートルダム大聖堂には
屋上部分があり、
当日予約しないと上がることが出来ません。
屋上なので、人数制限があり、 
朝7時半からの予約で、
10€必要です。

10時半に電話がなり、
11時からの予約がとれました、と。

駆けつけてみると、
なんと、歩いて登るそうな106.png

幅50センチくらいの古い螺旋階段を
ひたすらに登る❗️
体力には自信がありましたが、
永遠にたどり着かないのでは、
と、思えるくらい長く、
修行のように、大変でした103.png103.png103.png
あとで聞いたら、
387段あるようです❗️

体力的に10年後は無理かも、、、(笑)
興味ある方は、お早めに。

屋上からはパリが一望できます173.png
e0344418_14260552.jpeg
e0344418_14331325.jpeg
セーヌ川も。
素晴らしい景色でした112.png

要所に、
ガーゴイルと呼ばれるモンスターが。
e0344418_14264268.jpeg
e0344418_14265552.jpeg
e0344418_14271157.jpeg
e0344418_14272682.jpeg
沖縄のシーサーのようなものでしょうか。
守り神とか。
これまた、素晴らしい造形物でした。
e0344418_14415123.jpeg
屋上部分の裏側に
エマニュエルと呼ばれる巨大な鐘があります。
【ノートルダムのせむし男】の中で、
主人公のせむし男が鐘を鳴らす仕事をしていたのですが、この鐘かと。。
e0344418_14443078.jpeg
日曜ミサにも参加しました。
厳かな空気の中、聖歌隊の天使の歌声は感動的でした。
e0344418_14453657.jpeg
有名な【バラ窓】。
花のような、刺繍のような、
素晴らしい、大きなステンドグラスです。

e0344418_14472251.jpeg
パリジャン、観光客、
たくさんの方々が並んで順番を待っています。
100メートルくらい。
e0344418_14473715.jpeg
e0344418_14475541.jpeg
パリジャンの祈りの場。
緑となじむ
ノートルダム大聖堂。

屋上部分見学、
日曜ミサにも参加出来て、大満足です。
個人的には、屋上部分とミサは
穴場的観光かと。
おススメです162.png

明日の夜の飛行機で日本に帰ります。
長いような
短いような
旅行でないため、忙しい毎日でしたが、
少しはパリの日常に触れることが出来ました。

大好きなパリ❤️
今度は旅行でゆっくり訪れたいものです110.png


by itrinity | 2019-04-16 12:00 | ライフ【再婚夫婦】 | Comments(0)
裏アパルトマン物語。  
華やかに聞こえる海外滞在の話。
でも、人の楽しそうな話ばかり、聞いてもねー。
なので、うちのblogも【裏シリーズ】が人気です105.png

パリのアパルトマン。
ホテルとは違って、
キッチンや中にはランドリーも完備され、滞在型のパリを楽しむには、これもまた楽しです169.png

元々、超一流高級ホテルよりは少し庶民派ホテルが好きだったりするので、私も楽しみにしてました。
まー、一流は手が出せないくらいお高いですし。

でも、この庶民派感覚には幅がかなりあり、
私は真の、ガチな、庶民派アパルトマンはNGなのだ❗️と今回、
よくわかりました168.png

リールの超庶民派アパルトマンを出て、パリに戻った際のアパルトマンは、
まー快適なアパルトマンでした162.png162.png
e0344418_00353904.jpeg
清潔な室内に、緑まで見えて
e0344418_00362608.jpeg
キッチンスペースも充実
e0344418_00364950.jpeg
部屋までのエントランス
クローゼット
バスタブ
ランドリーは一階だったけどあり、
ドリンク類は24時間フリーだった。
目の前にメトロもあり、最高のアクセス113.png

ここにずっと居たいーと叫びながらも、
仕事がら、二泊でナントに移動しました。
ちなみに、ナントで二泊したアパルトマンは、
可もなく不可もなし。
ただ、普通にはくらせました164.png

そして、いよいや、最後の1週間のために、パリに戻ることになるわけです。

今回4箇所滞在したのだけど、
基本的に宿泊場所は、
パリを知り尽くしていると思っていた
オットに任せていた。
知ってる人にはかなわないと思っていたから。

最後はノートルダム大聖堂にも歩いて行ける場所で、バスタブやランドリーもあるし、最高だよー169.pngと楽しそうに話していたので、場所はわからないけれど、
私としては、期待していたんだと思う。。。

それも、パリ滞在最後だし、きっと、かなり❗️

パリ移動日の前日の夜のことです。
なんなんだよー、鍵を取りに来いって❗️❗️
持って行くなら、85ユーロなんて、高いでしょ❗️
ってメールを見ながら、ぶつぶつ言っている。

えっ❗️❗️
鍵を取りに来いって、どういうこと❗️❓
フロントは、ないの❗️❓
また、リールパターン❗️❓
ウソでしょー105.png105.png105.png

キャンセルを申し出たが、
ダメだった。
一気に気分が落ちた145.png
アパルトマンがダメなわけでなく、
庶民派系は、もう、、、こりごりだった118.png

パリに到着した日は雨で、ことの外、寒い。
リールの時と同じ176.png

モンパルナスの駅から、鍵を取りに行き、
アパルトマンに到着すると、
50ユーロもとられた。

もう、嫌なイメージしか出来ない141.png

部屋は狭く、
ドアを開けたら、ベッドという状態。
連れ込み宿じゃあるまいし。 。。
ベッドもソファベッドでギシギシと音がする。
部屋と直結のトイレ。
テレビも映らない。
そして、あるはずのバスルームは
やっぱりな、、、なかった❗️

ここは、住まいが主体らしく、
住人の階段を上がったり下がったりする音もうるさく、
本当、マイナスを書いたら、キリがない。
今までで一番狭く、暗く、窓も開けれない部屋。
パリが嫌いになりそうになるくらい、
情報のいい加減さに嫌気がしました。
場所は最高です。
でも、それ以外は最悪です。
日本ならば、ありえない。

ドライヤー
アイロン
足りないものを揃えてもらって、
何が不満なわけ❓と言われたら、
たしかに、、、、そうだ。

でも、、、モノがあればよいと言うわけじゃない。
私は【住まいの気】をすごく受けるのです。
気持ちよい部屋、気持ち悪い部屋ははっきり感じる。
出張の際に、部屋を替えてもらうこともある。
マイナスの気で疲れがとれないのです。

選んだ人は、
そんな【気】なんて、構わない人。
そこは、わからないので、
罪はなく、
宿選びに、積極的に関わらなかった私の責任。。。

だけど、
期待からの落胆。
悲しさと不自由さと不快な空気で、
グチを言わざるを得なかった。

翌日。
一足先に日本に帰ろうと思い、
荷物をまとめた。

最後に、サントシャペルとコンシェルジェリーに行き、
歩いていたら、少し、冷静になった。

いや、待てよ。
今回は旅行ではない、出張だった。
仕事なんだから、
思うような、
華やかで優雅なパリ生活じゃなくても
仕方ないじゃないか、と、思えた。
ワンピースを買い、
気持ちを切り替えて、
また、アパルトマンに戻った。

数日、我慢をしよう。
そして、次回にパリに来ることがあるならば、
自分のポリシーに合った宿選びをしよう。

アパルトマンならば、日本人経営、もしくは日本語がわかる方がいるところが絶対よいと思います❗️

ホテル選び、宿選びは自分の自己概念に関わります。
一流ホテルで、一流のサービスを受けると、自分も、もっとそれに相応しい人になろうと思う。
自分を上げていく
エネルギーになります173.png

だから、その逆もあるのです。
身の丈に合ったもの選びをしないとダメですが、
私的にはちょっと背伸びが心地いい。

今回の自分の反省のために、
ここに、ぶちまけてやりました笑笑

そして、、、
部屋にあったランドリー
既に3時間、
このランドリーの守りをしている、、、
e0344418_17344269.jpeg
貴重な時間
出るに出れない143.png
まだ、コインランドリーの方がまし!

2度と日本人オーナーでないアパルトマンには泊まらない❗️❗️❗️❗️❗️

パリ滞在はあと3日半。








by itrinity | 2019-04-05 00:00 | ライフ【再婚夫婦】 | Comments(0)
硬水 de ダイエット  
パリ式ダイエット❓❓

フランスに来て、2週間が過ぎました。 
いつも、気をつけている食事も
どうしても、ゆるみがち105.png
だって、やっぱり、 
こちらもバケットは美味しいですもん110.png

部屋食基本の毎日ですが、
週末は美味しいもんや甘いもんを食べ過ぎています。
まずいなー
絶対、やばいでしょ❗️

ただ、
不思議なことに、
服がキツくならないのです。
意外にスッキリしている、
なぜか、、、、

で、考えてみたら、
あ、
水だ❗️❗️
そういえば、
フランスの水は、
硬水なんです162.png

硬水って、ダイエット効果、
すごくあるんですよ。
コントレックスなどはモデルさん達の中でも有名です。

e0344418_08352831.jpeg
硬水の特徴は、飲みごたえがあり、食生活で不足しがちなカルシウムやマグネシウム補給助けてくれること。ただ、ミネラルが味に影響を与えてしまうため、炊飯にも緑茶や紅茶をいれるのには合いません。

硬水の特徴・良さは以下の通りです。

  • ミネラル分が豊富でミネラル補給に適している
  • パスタを茹でる時や煮込み料理・鍋物に適している
  • 便秘解消効果、ダイエット中のミネラル補充が期待できる

などです。

いつも飲み慣れている軟水と違って、
飲みにくいのだけど、
そこは、仕方なし。
毎日、よく飲んで、よく歩いています。
だいたい、15,000歩くらい。
そして、
大きく太ってるフランス人を見て、
あーなっちゃダメ❗️と、
自分の脳に言い聞かせています105.png

こちらの硬水と
うちの黄土よもぎ蒸し。
相性よいのにな169.png
フランスにはバスタブがないところもたくさんあるし。
在仏日本人の方とお話をしながら、
ぜひ、 
フランスに持ち込みたいなーと思っています✨

明日はナントに移動します。
また、歩きますー✨

by itrinity | 2019-03-31 13:00 | ビューティ【ダイエット/情報】 | Comments(0)
裏リール物語。  
裏リール。

楽しく華やかそうに見える海外生活の裏には、
必ず、何かしら、、、落とし穴があるものです。

リールのアパルトマンに着いたら、
建物に入り口しかなくて、
マジのアパルトマンだった❗️
オーナーさんがいて、鍵を開けに来てくれて、あとはよろしく169.pngみたいな。
確かにフランスには、こんな不動産がたくさんある。
e0344418_21283090.jpg
あー、本当のやつだったーと、
選んだ本人もわかっておらず。。。
当然、鍵はかかっており、
電話をすると、15時に行くから、
コーヒーでも飲んで、待っててー🎵みたいな105.png

えっ、どこで?
リールに到着した日は8℃でして、
あまりの寒さで頭はクラクラ来るし、
4つのスーツケースを2つにしたため、
重さもハンパない。
もう、嫌な予感しかしなかったです140.png

待ち合わせ時間に行き、
中に入ると、もちろん、エレベーターなどなく、
2階と3階、どっちにする?と言ってる。
2階にして❗️
スーツケース、どうやってあげるのー145.png

パリ滞在中、
ランドリー付きのアパルトマンを選んだのに、
実際にはなくて、
一階で洗濯しては運ぶと言う不都合さを味わっていたので、まー部屋にないのは良しとして、
どこにありますかー?と聞いたら、
平気な顔して、NON❗️と言うオーナーさん。

うちで一緒にやるよー、
渡すのは2日後だけど、5€ねと、みたいな。。。
いやいや、待てんから。。
どうすんだ、洗濯。
近隣のコインランドリーを探す。
あった、歩いて15分くらいのところに。
15分って、なかなかの距離です148.png

見ると、ドライヤーもない。
日本からのものは、変圧器があっても、電圧が足りず、全く使えなかった。
この寒空で、髪も乾かせないのー❓と、辛くなる。

この歳で、人間として、最低限の生活がしたいと文句を言い、喧嘩になる。

あれから6日。

包丁もまな板もなかったし、
タオルも決してキレイでなかったけれど、
言えば、持って来てくれるし、取り替えもしてくれる。
鍵のかかりも相変わらず悪く、毎回、5分くらい、ガチャガチャやる羽目になる。
e0344418_22081476.jpeg
なかなか、あかんし、、、103.png
慣れない、、、168.png

コインランドリーも通ってますよー
e0344418_21584561.jpeg
3日分の洗濯物を担いで。

45分の待ち時間がもったいなくて、ウロウロすると、
今朝は偶然、大きなマルシェに遭遇した。
e0344418_22004664.jpeg
ここでバケットを買い、コインランドリーに戻る。
e0344418_22015679.jpeg
【アン、バケット、シルブプレ❗️】にも少し慣れて来た105.png

目的地を決めずに歩くと、意外な発見もたくさんあり、
ステキなお店に遭遇したりもする173.png
だから、毎日、15,000歩近く歩いています。
e0344418_22291807.jpeg
ただ、残念なのは、
地図が読めない女ゆえ、同じ場所に二度とたどり着けないことであります149.png

やっと、ここの生活に慣れて来たら、
明日はまたパリに向けて出発です。

日本にいると、 
洗濯のために、
しかも荷物を担いで歩いて行くなんて想像できない。
あまりに便利で、
いつも清潔で、それが当たり前だったけど、、、

洗剤もシャンプーも
残っているものは最後まで使う。
スーパーにレジ袋なんてなくて、
全てマイバックにて。

実は究極のエコ、なんですよねー。
国の生活に対する考え方や在り方を知るアパルトマン生活でした。

フランス生活、後半に続くー173.png


by itrinity | 2019-03-28 21:26 | ライフ【再婚夫婦】 | Comments(0)
#海外生活 #2週間以上 #オススメです  
海外生活2週間を経験して思うこと。

20代の頃から、
海外にはいろいろ行ったけど、
思えば、2週間以上の滞在は初めて。 

1週間程度じゃ気付かなかったこと、多々。
準備してよかったこと。
意味なかったこと。
準備したら、よかったーと思ったこと。

な、の、で、、、
10日以上の旅をされる方で、
アパルトマンなどで、
自炊される方のために、
私がおススメです❗️と、
思われるモノをまとめてみました。
あくまで個人的な意見です。

【おススメ】

●インスタント味噌汁

●乾燥ワカメ
味噌汁の具具に。ミネラル補給。軽い。

●醤油
醤油+オリーブオイルで何度、サラダのドレッシングにしたか。
お醤油、万能❗️
お醤油味が入るだけで安心105.png
e0344418_07491308.jpeg
●塩胡椒

●カトラリーセット
箸やナイフがないところもけっこうある❗️
e0344418_07510596.jpeg
●梅干し
今回、忘れたのは痛かったー148.png
南国行きには特に。

●昆布茶
日本人好みの味に

●チンするごはん

●鰹節
日本食の恋しさを訴えたら、
これは旅好き友人に勧められました
次回は必ず👍

●100均のハリガネハンガー
クビが折り曲げられないと、あちこちにかけれない
帰りは捨てて帰れば

●物干しロープ

●紙コップ
部屋にコップが一つではたりない

●箱なしティッシュ
ティッシュがないところも多々

●サランラップ
日本製は優秀

●ジップロック

●100均で買った携帯ロングストラップ
携帯スリも多いし、さがしやすい

●エコバック
海外にはショッピングバックがないところも多いので

●ウルトラダウン
小さくなるし、暖かい
冬より、夏に欠かせない。
冷えすぎた飛行機内、店内で絶対必要164.png

●歩きやすい靴
e0344418_02204358.jpeg
今回、勧められて、
MERRELLという靴を購入したのだけど、
この靴は、とりわけ大正解❗️でした。
幅広甲高の方にも大丈夫。
底がしっかりして歩きやすいだけでなく、
全く疲れない。
どんどん、歩けます169.png
スニーカーだとカジュアル過ぎて、
スカートが履きにくかったりするのだけど、、、
ショートブーツ感覚で、着こなせますよ。
e0344418_02254360.jpeg
違和感なし164.png
スエード素材だから、汚れのケアだけマメに。

逆に、、、

【使えないもの、必要なかったもの】

●ドライヤー
変圧器を持参したものの、
電圧の関係で全く使えず

●食器洗い洗剤

●洗濯用洗剤
滞在型なら、だいたいついてます

●下着や靴下
洗濯するなら、3〜4足あれば、十分です

これから後半の2週間。
まだまだ、いろいろありそうだけど、
とりあえず109.png

私は柔軟性の高い胃腸を持ってると思ってましたが、
なかなかどうして、、、、
完全なる日本食体質でした149.png

毎食、フランスパン、チーズたっぷり、
できれば、フォアグラも食べたい❗️というオットには、改めて叶わないと、思いました、、、、168.png

つづく、、、、



by itrinity | 2019-03-27 18:00 | ライフ【再婚夫婦】 | Comments(0)
モンマルトルの丘へ  
モンマルトルの丘へ

最初にパリに来たのは
20年以上前。
母のお供でした。
母には今でも、
画家のあるモンマルトルの丘や
シャンソンバーである
ラパンアジルが懐かしいようで
よく思い出しています。

実は、
私には全く記憶なく笑笑
初めての場所を訪れる気分でした。
e0344418_21025268.jpg
伝説のバー。
ムーランルージュの前で。
今回はトラムで丘まで向かいます。
e0344418_21041076.jpg
サクレクール寺院。
ジャンヌダルク像があるのはパリで3箇所だけ。
向かって右がダルク像です。
e0344418_21053420.jpg
寺院内部のステンドグラスが素晴らしかった。
歴史がこんなに美しく残っているなんて、素晴らしいです。
e0344418_21065215.jpg
せっかくなので、
映画【アメリ】の撮影場所になった
カフェドゥムーランへ。
e0344418_21080553.jpg
アメリ好きにはたまらないでしょうね。

昔の記憶はなく訪れた
モンマルトルの丘。
絵でも買いたかったのですが、
気にいるものなく、、
後にすることになりました。

今度は
オシャレして、
夜のムーランルージュに行きたいものです。

雨も降ったり、止んだりの寒い一日でした。
この後、風邪をひくの巻💧💧💧

by itrinity | 2019-03-21 20:59 | ライフ【再婚夫婦】 | Comments(0)
パリデモについて  
パリデモについて

2018年から続いているパリ凱旋門付近でのデモ。

まーまーと思っていたら、
予想を超えて激しかった。。。149.png

平日は大丈夫ですが、
土日は、凱旋門付近は車が入れません❗️
e0344418_21100734.jpg
この数時間後は、
この辺り、大変なことになってました168.png

16日、土曜日午後からは、
一号線と呼ばれる地下鉄が機能しなくなりました。
この日、私は
一号線の西の端、デファンスで新凱旋門に登っていました。
e0344418_21211546.jpg

e0344418_21203775.jpg
写真中央付近。
凱旋門付近から、煙が上がっているのが見えました。
帰りには、いきなり、
ポルトマイヨ駅で降ろされる始末❗️

マドレーヌ駅により、バスティーユに帰るつもりが、タクシーを使わざるを得ない状況でした。。。
e0344418_21152714.jpg
タクシーからの景色。

テレビでは銀行やブランドショップも襲われて、
火をつけられたり、
商品が盗まれたり、
大変荒れています💧

他の路線で、
イエローベスト軍団と一緒になってしまったのですが、
地下鉄の中でも、大騒ぎしています149.png

今の状況だと、
土日にはシャルル・ド・ゴールエトワール駅付近には行けないと思います。

これから、
パリ旅行を計画中の方。

なんとかなるでしょう派の私も、
少し参りました105.png

情報収集をマメにされることをおすすめします❗️

良くも悪しきも、
自分達の力で、
国を変えようとするエネルギー溢れる
革命国、フランス。

事なかれな日本人からすると、
少し、そのエネルギーが
うらやましくもあります。
表現方法は、間違ってるー❗️
と、言いたいですー103.png

どうぞ、お気をつけてください。


by itrinity | 2019-03-17 21:06 | ライフ【再婚夫婦】 | Comments(0)
フランスへ出張中です。  
フランス、パリへ出張中です。 

皆様へ。
いつも、ありがとうございます。

3月13日〜4月9日まで、
フランスへ出張中です。

夫の仕事に合わせて、在仏の方々にも黄土よもぎ蒸しの拡販に行って来ます。

取扱店様、サロン様。
通常のオーダーはできるように段取りしていますので、ご安心下さい。

名刺も用意しました。
e0344418_20224727.jpeg

2月上旬から、出張やら、準備やらで、全くblogを書く余裕がなかったー105.png

でも、ちゃんと生きてました笑笑

3月12日夜、羽田入り。
e0344418_20191888.jpg
荷物はこれ以外に、スーツケース2つ。

空港に来るとテンションが上がりまくり、
動きまくる人と一緒なので、
私は荷物番です103.png

ああー
いつも、
いろいろある海外渡航、、、、
無事にパリに到着しますように122.png



by itrinity | 2019-03-13 07:00 | オシゴト【よもぎ蒸し/情報】 | Comments(0)
銀山温泉から山形へ。  
9月15日。

銀山温泉に立ち寄りました。
e0344418_17311414.jpeg
e0344418_17312626.jpeg
大正ロマン。
ノスタルジー漂う、ステキな空間。
ドラマ【おしん】のロケ地としても、有名な場所のようです。
今回は立ち寄りだけでしたが、ゆっくり、宿泊したいなーと感じた場所でした。

銀山温泉前には、
イワチューに。
e0344418_17440954.jpeg
こちらは南部鉄器の卸をしている場所で、すごく楽しみにしていた場所。
e0344418_17450905.jpeg
平日で、職人さん達の仕事ぶりも拝見出来ます。

フランスのフォションが南部鉄器を取り上げたこともあり、カラフルなカラーやデザインの急須がたくさんありました169.png

来夏の風鈴を購入164.png

オット、ナイスセレクト110.png

今回の東北出張の段取りは全てオット任せ。
このエリアで、黄土よもぎ蒸しサロンを作りたいなーと、そんなところから企画がスタートしたのだけど、
私の好みも考えて、いろいろ思案してくれたんでしょうね。
感謝です110.png

山形に移動し、夜は打ち合わせを兼ねた食事。

16日は一気に那須に帰り、
そのまま、飛行機で岡山本社に移動します。

旅をするように、仕事がしたいですね173.png

まだまだ後半に続きます。



ホームページはこちらです。


ゆるダイエットしたい方


ゆる美容したい方


ゆる起業したい方 


ご覧ください❤️


http://www.i-trinity.jp/



by itrinity | 2018-09-27 17:30 | ライフ【再婚夫婦】 | Comments(0)
秋田県 玉川温泉→盛岡→藤三旅館へ。  
9月14日。
鶴乃湯を早めに出て、
玉川温泉に向かいました。

ここは見学だけ。
世界的に珍しい強酸性の温泉らしいです❗️
e0344418_00523115.jpeg
もうね、、、
自然が爆発してる感じ106.png
強酸性の蒸気にさらされている石、
北投石の遠赤外線効果が、
とても身体に良いらしく、
たくさんの方々がゴザを敷いて、
岩盤浴に来られてました。
e0344418_00543059.jpeg
自然、だ、大爆笑150.png
e0344418_00552904.jpeg
このエリアでは、
うちの黄土よもぎ蒸しも必要ないかなー168.png

岩手県盛岡市に移動し、
ここではソウルフードも楽しみ110.png
e0344418_00573804.jpeg
盛岡名物。
パイロンのじゃじゃ麺。
お酢やラー油をかけて、自分好みの味に仕上げます。
e0344418_00592831.jpeg
食べ終わりに、卵を割り入れて、
叫びます。
ちーたんたん!お願いします‼️
卵スープです。
これが、意外に美味しかったー162.png
小盛りをオーダーしても、500円です。
e0344418_01022084.jpeg
盛岡名物。
ぴょんぴょん舎の盛岡冷麺。
美味しかったけど、
韓国冷麺との違いがよく分からなかった105.png

盛岡に2年赴任はしていたオットは、
懐かしい味に、
大興奮してましたね169.png

そして、またまた名湯秘湯へ。
藤三旅館。
e0344418_01080906.jpeg
ここの名物は、
白猿の湯と呼ばれる
水深1.25メートルの立ち湯です。
温泉が足元から出ていて、どんどん掘っていくうちに、この深さになったとか、、、。
ここも、混浴です144.png
女性専用時間を利用しました。
女性用の暖簾をくぐると、、、
すぐにお風呂です。
こちらも、シャワーもなく、シャンプーも禁止です。
お湯を純粋に楽しむ場173.png

暖簾をくぐると、
シーンと静まり返って、
チャポーンと、天井のお湯が落ちる音がする。
東北の温泉の楽しみ方は、
お湯だけを純粋に楽しむ、この不自由さ110.png
お湯、最高でしたね162.png
他にシャワーがある露天風呂、内湯もあります。

こちらでも、
身体に優しい食事をいただき、
ゆっくりと休みました。

黄土よもぎ蒸しの世界観とつながるような気もする。

15日は、山形県に向かいます。

by itrinity | 2018-09-24 00:46 | ライフ【再婚夫婦】 | Comments(0)